尼堂墓地

尼堂墓地

永田徳本は三河国生まれ、貧しい庶民の救済に心を砕き、医聖と仰がれた。らい病の研究と薬草の権威として、優れた見識を発揮し、名前は現在、張り薬や塗り薬のブランド名として浸透している。東堀尼堂に暮らし118歳の大往生だったと伝えられている。神宮寺石で作られた徳本の藍塔に乾室徳本庵主と刻印がある。藍塔の屋根一面に凹凸の穴があいているのは、この石の粉を煎じて飲めば、病が治ると信じられたからで、同じく藍塔内の小石はいぼを取るといわれ、いぼが消えたら意志を倍にして返すという伝承がある。


基本情報
電話0266-23-4811(岡谷市観光協会)

関連のある投稿