小口太郎碑

小口太郎碑

明治30年、旧湊村で生まれた小口太郎は、大正5年三高二部乙に入学。二部の代表クルーとして琵琶湖での漕艇練習に親しんだ。周航を楽しむのが二部クルーの慣例で、大正6年の三泊四日の周航の時、小口の作詞により「琵琶湖就航の歌」は生まれた。小口は卒業後東京帝大理学部物理学科に進み、「有線及び無線多重電信電話法」を発明。東大卒業後は同大学の航空研究所に入ったが病を得、26歳の若さで逝った。釜口水門の湊川の公園に、小口太郎の像と琵琶湖就航の歌の碑がある。


基本情報
電話0266-23-4811
駐車場無料
トイレ有り

関連のある投稿