岡谷絹工房

岡谷絹工房

岡谷は明治時代に全国一の製糸業地に発展し、「シルク岡谷」の名は世界に響き渡った。さらに大正から昭和初期の全盛期には、国内製糸生産量の25%を占め、輸出においては、日本の外貨収入の実に半分を岡谷の生糸で獲得するなど、日本の近代化に大きな役割を果たした。岡谷の製糸業が忘れ去られないよう手織りの絹製品の開発を行っている岡谷絹工房(建物は全盛時代に建築された洋風の林組事務所)では、昔ながらの絹織りを体験できる。


基本情報
営業時間9:30〜16:00
休日月・水・木・金
料金無料 機織体験:材料費込1,500円〜2,500円
受け入れ要予約 20名まで

関連のある投稿