木村岳風記念館

小学校時代に吃音を矯正するため詩吟を習い、独自の吟詠法で道を究めて、日本詩吟学院岳風会を設立した木村岳風(本名=松木利次)の生家を記念館として保存。詩吟の普及と全国の詩吟研究に努めた岳風ゆかりの遺品や書画を数多く展示してある。 (さらに…)


諏訪湖オルゴール博物館 「奏鳴館」

中世のカリヨンをモデルに生まれ19世紀後半に欧州で全盛期を迎えたオルゴールは、その美しい音色で人々を魅了し、安らぎや夢を与えてくれた。そんな古典オルゴールの生演奏を聴きながら、オルゴールの世界を堪能することができる。 (さらに…)


小口太郎碑

明治30年、旧湊村で生まれた小口太郎は、大正5年三高二部乙に入学。二部の代表クルーとして琵琶湖での漕艇練習に親しんだ。周航を楽しむのが二部クルーの慣例で、大正6年の三泊四日の周航の時、小口の作詞により「琵琶湖就航の歌」は生まれた。 (さらに…)