高島藩ゆかりの地めぐり -お殿様編-

現代の町並みにひっそり残る江戸時代。

お殿様のおもかげを探しに出かけよう。 (さらに…)


指月庵

江戸時代寛政年間に造られた温泉寺の陰寮。庭園も同時期の作庭と見られ、当時は建物から見る座視鑑賞式、小池泉庭園であったといわれるが、現在は改修して、池泉鑑賞式兼廻遊式となっている。


今井邦子文学館

赤彦門下の歌人今井邦子の実家は、下諏訪宿のお茶屋「松屋」で、邦子はここを明日香社として女流短歌会を主宰、短歌誌「明日香」を発刊した。 (さらに…)


旧渡辺家住宅

代々高島藩に仕えた散居武士(城下町ではなく在郷の村々に住んだ藩士)の家で、現存する武士の家としては全国的にも貴重で、県宝に指定されている。建築は18世紀中ごろとされ、その後19世紀に改築。土間が広く、農家とよく似た間取りだが、中床をそなえた座敷などに具家住宅としての特徴が見られる。 (さらに…)


下諏訪町立歴史民族資料館

明治になってから建てられたとはいえ、「縦繁格子」の「出格子造り」、「見世」と呼ばれる広い板の間、入り口から裏庭へ通ずる「通り庭」という土間があり、間口が狭く奥行きの長い奥に土蔵を構えた屋敷の配置は、宿場の典型的な家造りで、江戸時代の商家と民家の特徴を色濃く残している。


下諏訪宿本陣

宿場の中心に位置し、参勤交代の大名など高い身分の人が公用で利用。皇女和宮も将軍家に嫁ぐ折に宿泊(上段の間:現在の聴泉閣かめや特別室)、明治天皇は御林休憩所として立ち寄っている。 (さらに…)