水月公園

慈雲寺の裏手、諏訪湖を一望する高台に広がる景勝地公園。江戸時代に諏訪藩主の別邸、逍遥亭があった場所で、現在は桜の名所として名高く、多くの花見客で賑わう。園内には正岡子規、島木赤彦、今井邦子らの句碑が多数あり、文学散策にも好適。


高島公園

本丸跡地にはたくさんの桜が植えられ、心字池側の風情を醸し出す落ち着いた公園として市民に開放されている。園内の藤棚も美しい。昭和45(1970)年には、古い写真を元に天守閣外観を復元。 (さらに…)