今年の秋もがんばります! 上諏訪駅待ち受けガイド

上諏訪の達人、まちなか観光案内人が上諏訪の街をご案内します。

毎日開催、予約不要です。

コースは以下の通りです。

  1. JR上諏訪駅出発
  2. 丸高蔵(神州一味噌の醸造元。見学とショッピング)
  3. 高島城(外観)
  4. 八釼神社
  5. 酒蔵通り(1.舞姫「信州舞姫」 2.麗人酒造「麗人」 3.酒ぬのや本金酒造「本金」 4.伊東酒造「横笛」 5.宮坂醸造「真澄」)
  6. JR上諏訪駅解散
  • 期間:平成27年10月1日~11月24日 ※除外日:10月3日、25日
  • スタート時間:午前10時00分 (所要 約1時間45分 3.1㎞)
  • 集合場所:諏訪市観光案内所前(上諏訪駅横)
  • 料金:500円(お一人様) 当日ガイドにお支払いください。
  • お車でお越しの際は、3時間無料の市営駐車場をご利用ください。
  • 毎日、黄色いベストを着た担当ガイドが集合場所でお待ちしております。
  • 9:50までに集合してください。
  • コースの途中でいつでも解散できます。(コースの変更はお受けできません。)

 

お問い合わせはお泊りのホテル、旅館、諏訪温泉旅館組合まで

諏訪湖温泉旅館組合 TEL.0266-52-7155

 

詳しくはこちらのパンフレット(pdf)をご覧ください。


高島藩ゆかりの地めぐり -お殿様編-

現代の町並みにひっそり残る江戸時代。

お殿様のおもかげを探しに出かけよう。 (さらに…)


頼重院

四賀神戸にある曹洞宗の古刹で神向山頼重院という。諏訪頼重が甲府で自刃した際、密かに遺髪を持ち帰りここに供養塔を建てて菩提を弔ったと伝えられる。
(さらに…)


頼岳寺

少林山頼岳寺は諏訪地方における曹洞宗の筆頭寺院で、諏訪惣領家の居城上原上司の山すそにある。永明寺破却後の寛永8(1631)年、高島藩初代藩主の諏訪頼水は群馬県聰林寺の大通関徹を招き、諏訪家の菩提所として開創。
(さらに…)


来迎寺

浄土宗知恩院を本山とする引接山聖聚院来迎寺は、金刺氏の分家といわれる諏訪左衛門慰を開基に、天文10(1541)年、願誉栄海上人によって中興開山された。和泉式部にゆかりがあり、北条時頼が運んできたと伝えられる和泉式部守り本尊の銕焼地蔵尊を安置するほか境内には供養とも建つ。また、寺の境内に庚申塔があるのも珍しい。


法華寺

元禄15(1702)年12月14日、赤穂浪士大石内蔵助らの吉良邸襲撃によって打たれた吉良上野介義久の養子、左兵衛義周は、高島藩に流罪となり、南之丸で3年を過したが、病弱のため22歳で亡くなった。諏訪市中洲の法華寺が遺骸を引き取り墓を建てた。 (さらに…)


平福寺

新儀真言宗智山派弥林山平福寺の創建は古く、弘法大使の密教を擁護する道場であった。南北朝時代から戦国時代にかけては諏訪大社春宮の別当寺でもあった。織田信長に焼かれた後、江戸時代に横河川左岸より現在地に移転。

(さらに…)


貞松院

高島藩2代藩主諏訪忠恒が、生母貞松院(頼水妻)の遺志により再興し、貞松院と名も改めた。境内には貞松院のほか、藩主の子ら、そして徳川家康の六男で諏訪に配流された松平忠輝の墓もあり、「乃可勢(のかぜ)の笛」、茶釜「古天明」など忠輝ゆかりの遺品も多い。五代将軍綱吉が忠輝の供養にと30石を寄進した経緯から諏訪唯一の御朱印寺となった。


地蔵寺

天正12(1584)年金子城鬼門鎮護寺として諏訪市中洲に建立。その後、藩主諏訪忠晴が開基となり、露山恵白を請して高島城の鬼門除けとし元禄2(1689)年、現在地に移転開山した曹洞宗禅刹。庭園の美しさが秀逸で、日本百名庭園のひとつに数えられている。 (さらに…)


正願寺

奥まった路地に寺町の風情が色濃く、寺域内に角間川が流れる。あじさい寺、花の寺の通称で親しまれている。草創は不明だが、永禄5(1562)年、岌往上人により中興開山され、念仏信仰の中心として栄えた。 (さらに…)