並木通り

城下の柳口と高島城の大手門を結ぶ、かつての「縄手通り」は、歴史情緒をやさしく香らせつつ、植えられたケヤキが見事な並木を作り、現在は歩道が整備された美しい中心市街地のたたずまいを見せる。
(さらに…)


鳥居平やまびこ公園

「日本の都市公園100選」に選定されている30ヘクタールの総合公園。標高約1000メートルの丘陵地に展開し、ファミリーパークとして子供からお年寄りまでが健康的に利用できる。眼下に広がる諏訪湖とそれを取り囲む市街地、さらに外周の山々、そして八ヶ岳、南アルプス、富士山など日本を代表する名山の崇高な山岳展望も含めてその景観はすばらしく、恵まれた環境と設備の中で、四季折々に自然の美しさを満喫することができる。 (さらに…)


石彫公園

世界7カ国の彫刻家が諏訪の石材で制作した彫刻作品を野外展示する憩いの公園(昭和53年完成)。初島との間には茅野市出身の彫刻家矢崎虎夫氏作による「八重垣姫」のブロンズ像が建つ。人形浄瑠璃の演目で人気を博した物語から、武田信玄ゆかりの諏訪法性の兜を掲げ、八重垣姫が諏訪湖を渡るシーン。物語の説明の碑も建てられている。


水月公園

慈雲寺の裏手、諏訪湖を一望する高台に広がる景勝地公園。江戸時代に諏訪藩主の別邸、逍遥亭があった場所で、現在は桜の名所として名高く、多くの花見客で賑わう。園内には正岡子規、島木赤彦、今井邦子らの句碑が多数あり、文学散策にも好適。


高島公園

本丸跡地にはたくさんの桜が植えられ、心字池側の風情を醸し出す落ち着いた公園として市民に開放されている。園内の藤棚も美しい。昭和45(1970)年には、古い写真を元に天守閣外観を復元。 (さらに…)


塩嶺御野立公園

貝原益軒の「岐蘇路記」や吉川英治の「宮本武蔵」にも登場する景勝地「塩尻峠」のほぼ頂上付近に広がる落ち着いた公園。園内にはキャンプ場、グラウンド、塩嶺閣(休憩所)、池、展望台などがあり、展望台からは諏訪湖、八ヶ岳、富士山、北アルプスなどを望む絶景が広がる。また、周辺には50種類以上の野鳥が生息しており、県指定の小鳥の森として知られている。 (さらに…)


高島城

湖水と河川に囲まれた地形を生かし、難攻不落を誇った水城で、「諏訪の浮城」と呼ばれた高島城は、天正19(1591)年、豊臣秀吉臣下の武将日根野織部正高吉が領主となったその年に城地の見立てと設計を済ませ、翌年から7年ほどかけ築かれた。江之渡郭、二之丸、三之丸、本丸が一直線に並ぶ連郭式の形態を示し、本丸には三層の天守がそびえていた。 (さらに…)