シルクの産業遺産をめぐる

世界遺産登録を目指す「シルクのまち岡谷」。

明治以降隆盛をほこった製糸業の足跡をたどる。 (さらに…)


産業遺産コース

世界遺産への登録を目指している産業遺産群を巡るコース。
近代日本を牽引した岡谷の製糸業の歩みを見学・体験しながらたどります。

(さらに…)


片倉館

後にシルクエンペラーとして名を馳せた片倉財閥の二代目片倉兼太郎は、海外視察の際、欧米諸国で文化や福祉の施設充実に感銘を受け、諏訪にもこうした施設を作りたいと、帰国後公衆温泉施設と文化交流のための施設の建設に着手。昭和3年に片倉館が完成した。 (さらに…)


諏訪湖オルゴール博物館 「奏鳴館」

中世のカリヨンをモデルに生まれ19世紀後半に欧州で全盛期を迎えたオルゴールは、その美しい音色で人々を魅了し、安らぎや夢を与えてくれた。そんな古典オルゴールの生演奏を聴きながら、オルゴールの世界を堪能することができる。 (さらに…)


諏訪湖時の科学館 「儀象堂」

中国・北宋時代に建設された水駆動による大型の天文観測時計装置「幻の天文時計・水運儀象台」を900年の時を超えて世界で始めて復元。和時計、腕時計、掛時計、ホールクロック等と併せて展示している。 (さらに…)