片倉館

片倉館

後にシルクエンペラーとして名を馳せた片倉財閥の二代目片倉兼太郎は、海外視察の際、欧米諸国で文化や福祉の施設充実に感銘を受け、諏訪にもこうした施設を作りたいと、帰国後公衆温泉施設と文化交流のための施設の建設に着手。昭和3年に片倉館が完成した。 (さらに…)


鶴嶺公園

鶴嶺公園

高尾山の麓から天竜川畔に突き出した鶴峰丘陵。この突端には大正10年片倉製糸が創立した私立小学校があり、周辺は公園化していたが、昭和4年、初代片倉兼太郎翁の銅像が建立され、改めて公園として整備、鶴峰公園と命名された。 (さらに…)


諏訪湖オルゴール博物館 「奏鳴館」

諏訪湖オルゴール博物館 「奏鳴館」

中世のカリヨンをモデルに生まれ19世紀後半に欧州で全盛期を迎えたオルゴールは、その美しい音色で人々を魅了し、安らぎや夢を与えてくれた。そんな古典オルゴールの生演奏を聴きながら、オルゴールの世界を堪能することができる。 (さらに…)


諏訪湖時の科学館 「儀象堂」

諏訪湖時の科学館 「儀象堂」

中国・北宋時代に建設された水駆動による大型の天文観測時計装置「幻の天文時計・水運儀象台」を900年の時を超えて世界で始めて復元。和時計、腕時計、掛時計、ホールクロック等と併せて展示している。 (さらに…)


岡谷蚕糸博物館

岡谷蚕糸博物館

世界にその名をとどろかせ、近代日本における産業発展の原動力となった岡谷の製糸業。「糸都岡谷」の製糸業とそこに生きた人々の努力とその歴史を記録文書、写真類、参考文献などで展示するとともに、機械器具、製糸経営、絹製品の変遷を追って総合的かつ包括的に紹介。官営富丘製糸場に関係する資料も収蔵・展示している。 (さらに…)


岡谷絹工房

岡谷絹工房

岡谷は明治時代に全国一の製糸業地に発展し、「シルク岡谷」の名は世界に響き渡った。さらに大正から昭和初期の全盛期には、国内製糸生産量の25%を占め、輸出においては、日本の外貨収入の実に半分を岡谷の生糸で獲得するなど、日本の近代化に大きな役割を果たした。 (さらに…)


岡谷シルクの館(旧林家住宅)

岡谷シルクの館(旧林家住宅)

岡谷の製糸業発展の礎を築いた製糸家、林国蔵(林製糸所)の居宅。明治40(1907)年に建設された、木造切妻造り瓦ぶき2階建て、主屋と土蔵造りの離れなど六棟からなる近代日本重要建築。 (さらに…)


タケヤ味噌会館

タケヤ味噌会館

選りすぐりの大豆と地元米の糀を材料に、冷涼乾燥性の気候を生かして自然のなかで醸される諏訪の味噌は、色、香りともに優れ、その淡白で上品な風味は全国的に評判となり、信州味噌を代表するブランドとなった。 (さらに…)