片倉館

片倉館

後にシルクエンペラーとして名を馳せた片倉財閥の二代目片倉兼太郎は、海外視察の際、欧米諸国で文化や福祉の施設充実に感銘を受け、諏訪にもこうした施設を作りたいと、帰国後公衆温泉施設と文化交流のための施設の建設に着手。昭和3年に片倉館が完成した。 (さらに…)


諏訪湖間欠泉センター

諏訪湖間欠泉センター

上諏訪温泉きっての高温源泉。80℃の七ツ釜から漂う湯煙と豪快に吹き上がる間欠泉を間近に楽しめる施設。
(さらに…)