御柱体感コースの研修を兼ねたモニターツアーを実施しました

ガイドスタッフの研修も兼ねたモニターツアーを行いました。前日の雨から一転、暖かで穏やかな晴天に恵まれ、お客様ともたのしい時間を過ごすことができました。

以下はその様子です。

(さらに…)


3000組目のお客様をご案内

本日、ついに3000組目のお客様をご案内しました。

1000組、2000組目の時と同様に3000組目のお客様と共に本宮1の御柱の前で「祝!ガイド3000組達成」の横断幕を掲げ、記念写真を撮影。記念のりんご一袋とガイドを担当した谷澤さんよりおもてなし向上推進会議の作成したガイドブックの贈呈が行なわれました。

3000組目のお客様


霧ヶ峰スキー場

温かい日が続いたと思うと、冷たい雨が降ったり、天気はかわりやすいですね。まだまだ、スキー場には雪があります。週末は家族連れがスキーやそりを楽しんでいます。おとうさん、自分の運動にもなりますよ。家族で雪山にでかけませんか?


明けの海

今年は1月14日と16日に諏訪湖の大半が結氷しましたが、解けてしまいました
2月21日に八剣神社で注進奉告会があり、「明けの海にて、御渡りござなく候」と注進状がさざげられました。御神渡(おみわたり)は氷点下の日が続き、気温を足して、合計マイナス100度にならないとできないようです。明けの海は私たちに何を投げかけてるのでしょうか?一年間、心がけを良くし、来年は立派な御神渡がみられるとよいなとおもいます。諏訪湖ではボートや、白鳥丸に乗れます。休日に是非、遊びにいらしてください。


初投稿

おんばしら街道を歩くイベント、たのしかった。木遣りの声に、血が騒ぎおんばしらが待ち遠しいな。22年おんばしらです。血のさわぐ木遣り聞きにおいでください。


神様が渡った伝説の道「御神渡り」の足取りを追う

激寒の諏訪湖に現れる神様が渡った道といわれる「御神渡り」(おみわたり)、

諏訪湖にて、舟に乗り、その道をたどる旅です。

2010年に行われる御柱(おんばしら)や風林火山でも有名な諏訪大社の

8つの八社のうち、2社もまわります。これであなたも諏訪の歴史ツー

コース名:御神渡り

日時:823日(土)9時~

場所:上諏訪のホテル、旅館へ乗り合いタクシーがお迎えにいきます。

行程:諏訪大社上社~大型の釣り舟(人数により遊覧船時あり)で諏訪湖を渡る~諏訪大社下社

催行人数:8名様以上24名様まで(7名以下の場合は遊覧船になります)

参加費:一人3000円(タクシー、乗舟料、ガイド料)

持ち物:帽子、飲物

まちなか観光案内人がご案内します

事前にお申込が必要です。

悪天候により中止になることもございます。


「行って観よう シルクの故郷」(8月12日(火),17日(日))

シルクの故郷ってどこ?

それは岡谷です。

明治時代、岡谷の人々は、努力と相違工夫で一大製紙業地になり、「糸都岡谷」の名が世界に知れ渡りました。そして全国の生産量の25%をしめるにいたります。これは外貨獲得、産業、文化の発展に大きく貢献することになりました。

コース名:「行って観よう シルクの故郷」

日時: 8月12日(火) 13時~ 8月17日(日)9時~

上諏訪のホテル、旅館にお泊りの方へ 宿泊施設までタクシーでお迎えに行きます。

タクシーは乗り合いで、宿泊先が複数の場合はお迎え時間が前後します。

催行人数: 2名~8名

行程: 諏訪湖畔~蚕糸博物館~岡谷絹工房~旧林家住宅~片倉館

内容: 世界遺産の登録をめざしている産業遺産を見学しましょう。

参加費: お一人様5000円(タクシー代:入館料・体験料・ガイド料)

持ち物:帽子 飲物

諏訪湖エリアまちなか観光案内人がご案内します。

事前にお申しこみが必要です。詳細はかわるかもしれません。


諏訪の長い夜で知る武井武雄の生涯

7月25日(金) 26日(土)に諏訪湖エリアの美術館、博物館を巡る旅、諏訪の長い夜が行われました。

私達ガイドはシャトルバスに乗り、バスガイドを担当させていただきました。地元の方、遠方からいらした方、沢山の出会いがありました。

一番よかった場所 「イルフ童画館」 武井武雄さんの生涯展が行われていました。

幼い頃、体が弱かった武井武雄さんは篆刻師の八幡郊処さんより絵描きごっこをしてもらったのがきっかけで絵が好きになったようです。5歳の時に、「工兆金」という本をつくったというから驚きです。そして、小学校1年生の時にはすでに作文に「私は将来絵描きになります」と宣言をしたといいます。さすがです!

旧制諏訪中学(今の清陵高校)にかよい、体も丈夫になっていきます。

東洋美術学校で西洋画科をなまびます。親戚からおくさん「梅」さんを紹介され、伴侶に決め、北原白秋の「桐の花」いう本を贈ったそうです。

27歳から苦難の時がはじまります。まだ、絵も売れない時代です。

友人に紹介してもらい「東京社」へ絵を持ち込むと早速採用に。才能がみとめられていきます。

この時から、子供のための絵を「童画」と表現するようになります。挿絵などを手がけます。

大正15年「ラムラム王」執筆、版画、エッチング、ステンドグラスなど、絵画をとびだし、様々な芸術作品を残します。44歳ごろてがけた、「地上の祭」は限定で販売された豪華な銅版絵本です。

角度を違えて見ると3種類の絵が隠されているしくみがあったり、ストーリーが描かれたステンドグラスなどは目を見張るおもしろさでした。

夏の暑い日、涼しい美術館巡りはいかがですか?

来年も7月最後の金曜日、土曜日に開催するとおもいます。是非ご参加ください。

大人前売り券2500円 子供800円 大人2枚+小中高学生3枚=4000円のファミリーチケットがとてもお得です。ローソン、まるみつ、笠原書店、諏訪観光案内所、下諏訪観光案内所、茅野観光案内所で売っています。

由布姫の里より


岡谷の小坂観音のあじさいで一句

7月21日、岡谷市にある小坂観音に研修に行きました。700本から800本あるといわれる紫、薄紫、ピンク色のあじさいがとても見事でした。地元のかたがたが大切に管理しているとのこと。あたまが下がりました。見晴らしの良い手製の展望台も整備されていました。また、一休みできる東屋には俳句を投稿できるようになっています。

湖上立ち 憂い忘るる あじさい寺

由布姫や ああ由布姫や 由布姫や(某ガイドが詠みました)

おそまつ・・・

皆様もここで一句作って投稿しみてみてください。良い句は展示があるようです。あじさいの見頃は7月上旬~中旬、来年是非でかけてください。


おちょこ片手にあなたの好みの日本酒探しの旅

諏訪には5軒の昔ながらの趣きを残す酒蔵があります。こだわりの美酒を探しに出かけてください。おちょこ片手にのみあるき、おすきなお酒は全部まとめてご自宅までお届けできます。きっとあなた好みがみつかるとおもいます。

コース:「あなたのちょこっとさがし 酒蔵めぐり~キリッと沁みる諏訪の酒」

日時:午前の部 10時~ 810日(日)824日(日)831日(日)

 午後の部 15時~ 89() 823日(土)830日(土)

集合場所:真澄「宮坂醸造」

行程:「真澄」(宮坂醸造)~「横笛」(伊東酒造)~「本金」(ぬのや本金酒造)~「麗人」(麗人酒造)~「舞姫」(舞姫酒造)

催行人数:2名様以上12名様まで

参加費:お一人様1000円(試飲代、ガイド料、おつまみ)

持物:帽子、飲物

伊藤深水美術館入館の場合は別途入館料800円が必要です。

まちなか観光案内人がご案内いたします。